kamedonburi.jpg

砂の上の企画 特別公演 『おこめ』

おこめとぐ音、生きる音。 あなたと食べたい食卓のファンタジー

うちわ表_HP.jpgocome_2_rogo.jpgうちわ裏_HP.jpg

kamedonburi.jpg

お品書き1:したまちのお祭り盛り合わせ

matsuri.jpg2009年に砂の上の企画の第2回公演として発表された祝祭音楽劇が、再演決定!第5回「したまち演劇祭 in 台東」の参加作品として、超大盛りになって帰ってきます!砂の上の企画が初めて参加する演劇祭。通常の単体公演では行えない様々な仕掛けをご用意してお待ちしております!(平成26年度台東区芸術文化支援制度対象企画)


お品書き2:空想と幻想のお吸い物

osushi.jpg『おこめ』は、空想と幻想、夢とうつつを吹き抜けるファンタジー作品です!秋田のコメ農家にはじまり、白銀の小樽、寿司屋乱立の築地、東京タワーのてっぺんからスカイツリーを飛び越え、寿司ネタ泳ぎ踊る海の底から、作物の種子眠る地中の奥深くまで。昭和のかをり漂うスナックから吹くひと粒のお米の息吹が、真夏の清涼な風に乗り、縦横無尽に世界を駆け巡ります。近年の小空間公演から一転した、巨大空間を埋め尽くすダイナミックな演出もお見逃しなく!


お品書き3:生バンドと旬の俳優のお造り

music.jpg本作のために結成された、おこめ・ザ・バンド『さんずのリバーサイド』による生演奏に加え、俳優自ら奏で・歌い・踊る祝祭音楽劇!昭和の名曲にのせて綴られる、秋田出身の少女「おこめ」の波乱万丈の人生とは…。


お品書き4:彩りikura寿司のキャバレー風味

foods.jpg「誰もが美味しく楽しく召し上がって頂ける作品になりますように」。そんな願いをこめて、気鋭のフードクリエイター・ikuraさんにお願いして、本作からインスピレーションを受けて考案された特別メニューをご用意して頂きました。お料理に舌鼓を打ちながら、美酒と音楽とお芝居に酔いしれるキャバレースタイルでお届けいたします。


お料理についての詳細は、LinkIconこちらから

お品書き5:濃密オペラ空間の香味仕立て

gekizyou.jpgこれまで通常の劇場空間では味わえない演劇体験にこだわり続けてきた砂の上の企画。今回自信をもってご案内する会場は、大正浪漫のオペラハウスを再現した元グランドキャバレー・東京キネマ倶楽部です。一歩足を踏み入れると、ビロードの調度品が匂い立つ、吹き抜け3階建てのラグジュアリー空間がお客様をお迎えいたします。濃密な空間を華麗に彩るシェフとして、美術に加藤ちか、照明に大迫浩二(ク・ナウカ)音楽に寺田英一・青木タクヘイ、と当代一流の布陣が結集しました。


kamedonburi.jpg