kamedonburi.jpg

【お料理・お品書き】

oshinagaki.jpg

戯曲からインスピレーションを得て、
フードクリエイター・ikuraさんがコーディネートしたお品書きの数々。

『おこめ』を応援して下さる日本各地のみなさんから旬の食材が集まりました。
秋田の【齋藤農園】さんからはお米とお野菜、
【三種町森岳じゅんさいの里活性化協議会】さんからはじゅんさい、
鶯谷の【根ぎし 豆富料理 笹乃雪】さんからは冷奴…などなど。

「物語の舞台・秋田の味覚と、演劇祭の舞台・台東区の味覚のコラボレーション」をぜひご堪能ください。

kamedonburi.jpg